ストウ(Stowe)-広大な英国式回遊庭園

英国に住むなら、必ず入りたいのがナショナルトラスト。これは年会費を払えば、ナショナルトラストが管理する全国の名所旧跡を無料で回れるというもの。英国には、キューガーデンやレゴランドをはじめこの手の年会費割引が数多くあり、たいてい2回か3回行けば元が取れる程度の値段設定となっている。

さて、そのナショナルトラストのなかで、ロンドン日帰り圏内でのハイライトといえば、このストウである。お天気のよい休日を狙い、ピクニック用具を調え、準備万端で出発。ちなみにピクニック用のブランケット(敷物)は、ナショナルトラストの入会特典として送られてきたもの。綺麗にたためるようにできていて、柄もしゃれている。いまだに愛用している優れものである。

ここの特徴は、もともとの地形を生かして、池や神殿を模した建物などを絶妙に配備し、歩いているだけでさまざまな風景を楽しめるようになっているということ。そして驚くべきことに敷地内にはパブリックスクール(私立校)があり、さらに驚くことはその校舎の真ん前がゴルフ場になっていること。なんかスケールが違う。
画像

画像


こちらが学校。寮も併設。
画像

校舎の正面にはゴルフのコース、その先には池、そしてずっと向こうにはオブジェが見える。
画像

ここはどうやら男女共学のよう。ゴルフの練習に精を出す学生を遠目に、愛を語り合う若者たち。
画像

やはり、ここはスケールが違う。

広大な庭園の中、思い思いの場所でブランケットを敷いて、ピクニックをしたり読書をしたりのんびりしていると、心も身体も完全にリフレッシュできる。自然の中でのんびりするのが何よりの贅沢だと改めて感じる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック