Richmond -英国風休日の過ごし方

Richmondはその名のとおり、ちょっとお高い住宅街。ロンドンからも電車で30分以内、風光明媚、近くにはリッチモンド公園やキューガーデンもある、という素晴らしいところだ。
画像


Sheppertonの家からは車で15分程度なので、週末にはよく家族でピクニックに出かけていた。別にそこに住まなくても、週末遊びに行けるのであれば十分。高いお家に住まなくても良い気分は味わえるものだ。ちなみに、我が家からはウィンザーも近いので、気分に応じて使い分けていた。

リッチモンドはテムズ川沿いの街。川に沿って遊歩道が続く。橋の近くはテラスになっており、晴れた日は日光浴に最適の場所。
画像

画像


橋から下流に向かって、気持ちの良い遊歩道が続く。
画像


遊歩道をしばらく歩くと、リッチモンドヒルの真下に出る。ここから花が咲き誇る庭園を登っていくのが我が家の定番コース。途中でピクニックもできる。
画像

画像


丘の上からの眺めは、ターナーの絵でも有名な景色。英国でももっとも美しい景色のひとつがお手軽に楽しめる。
画像


丘の上は歩道になっていて、ベンチが並んでいる。ベンチの大部分は、寄贈されたもの。たいていは、亡くなった方を偲んで贈られている。こういった寄贈ベンチは英国ではどこでも見られるものだ。「故人はこの場所から眺める景色が大好きだった」などと書いてあるベンチに座ると、不思議な気分だ。昔の人と同じ風景を楽しんでいることを肌で感じる。何より、大昔から変わらぬ美しい景観を維持していくのはたいていのことではない。これを後生にも残さねば、と言う気分にもさせられる。なかなかしゃれた習慣なのだ。
画像

画像


そこからちょっと行くと、広大なリッチモンド公園。昔は王室の狩猟の場だったとか。車で一周しても20分くらいはかかる。鹿が放し飼いにされていたり川や林がところどころあったりして、サファリパークのよう。
画像

画像

園内にはちょっとしたカフェがあるのでそこで一息。このあたりからは、リッチモンドヒルとはまた違った景色が楽しめる。
画像

ここは結婚式に使われることも。その余興の弦楽四重奏に聞き入る息子。
画像

しゃれた店やカフェが並ぶハイストリートも、リッチモンドのもうひとつの顔。街中の花も綺麗にディスプレイされている。
画像


大好きなリッチモンド。アウトドア派も都会派も楽しめる、真に懐の広い町だ。

この記事へのコメント

タカシナ
2009年02月25日 22:37
 初めてコメントします。
 Richmondは人を集める魅力のある街ですよね。
ロンドンのように混み合うこともないし、旨い店も多くてそこにいるだけでヨーロッパの街を存分に堪能できる。イギリス人だけでなく、外国人、旅行者皆が憧れる街というのも理解できる。
 過記事も読ませて頂きましたが、旅行者の視点だけでなく、在住者として感じられたこと見られたことが
興味深く書かれてあり、楽しませてもらいました。今後も楽しみにしてるのでよろしく。 
sho
2009年02月25日 22:49
コメント有難うございます。あの辺では結構日本人も見かけますよね。イギリスらしくてホント落ち着くところですねえ。これからもよろしく。

この記事へのトラックバック