shoのひとりごと from JAKARTA

アクセスカウンタ

zoom RSS ブライトン(Brighton)−ロンドンにいちばん近いリゾート

<<   作成日時 : 2009/02/12 23:03   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ブライトンといえば、ロンドンから一番近い海辺のリゾート地。私達のお気に入りだった場所。
画像

イギリスにありながら、白い建物やカラフルな町並みがあり、開放感があふれている。それに何より海がある。

駐車場から海岸まで歩行者天国が続いていて、くつろげる店やアジアンな雰囲気あふれる店も多い。
画像

そして、突然現れるアラブ調のパレス。
画像

画像

イギリスでは珍しい露天のマッサージやさんなどをとおりぬけると、
画像

そう、庶民のビーチです。ここは砂ではなく、小石のビーチなので、歩いているだけで足裏マッサージの効果もありそう。7月とはいえ、英国には暑い夏は存在しないので、勇気がある人しか海には入れないが、のんびりするだけで十分楽しめる。
奥の白い建物が、
画像

「WORLD FAMOUS(!)」なブライトンピア(桟橋)。どう贔屓目に見ても、こんなとこ英国外で知っている人は殆どいないでしょうが。まあ、なんでも大げさに自慢するのが英国流だから、これはまじめにうけあってはいけない。大体どこのレストランでもお持ち帰りの店でも、必ず「Award winning(何かしら受賞した)」と自慢してある。が、何のアワードかは結局はっきりしない。スーパーで売ってるソーセージでも、ジュースでも、ビールでも、菓子でも、猫も杓子も「アワードウィニング」なのが英国なのだ。
有名であろうがなかろうが、この桟橋からの景色はやはり抜群。下の写真は、一年に片手で数えるほどしかないある夏の晴天の休日。
画像

一年で一番観光客が入った日だ。右奥の地平線上が白くなっているのは、建物ではなく、延々と続く白い崖。こちらもまあ有名で「セブンシスターズ」と呼ばれる一帯。ブライトンの人ごみに疲れたらこちらのほうへドライブに行くのが通。
画像

こちらのビーチは、いつでもすいている。つりに興じる人もいるのどかさ。
画像

さらにドーバー海峡のほうに行くと、こんな景色がえんえんと続く。英国らしい丘と、雄大な海の風景の融合が素晴らしい。
画像

そして、帰る前には必ずここで腹ごしらえを。丘の上のパブ。
画像

メニューはあいも変わらずフィッシュあんどチップスだが、この風景を肴に食べると一味違う。

夕食を済ませ外が暗くなったら、昼とはまた一味違う夜のブライトンピアを楽しむのも悪くない。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブライトン(Brighton)−ロンドンにいちばん近いリゾート shoのひとりごと from JAKARTA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる